ウェブ制作に利用できるツールとは?ブログやオーサリングツールについて


ブラウザを利用してサイトを作っていけるブログ

ウェブ制作をできるだけ簡単に行いたい場合はツールを使いましょう。代表的なツールとしてブログがあります。ブログの場合、まずレンタルサーバーにインストールしたあと、ブラウザから管理画面にログインし、ブログのタイトルなど必要な設定を行います。その後、投稿画面で文章を入力するだけでウェブサイト上にその文章をすぐ反映させることが可能です。また、ウェブサイトのデザインを変更するのも簡単であり、管理画面から好きなテーマを選んでワンクリックで行えます。

PCにインストールして作れるオーサリングツール

ブログ以外のツールとしてはオーサリングツールと呼ばれるソフトウェアもあります。PCにインストールして使うものが多く、ソフトウェアを起動するとHTMLの編集画面が表示されるので、そこにHTMLを打ち込んでサイトを作っていくのです。もし、HTMLのことがまったくわからなくても心配はありません。文字を太くする、あるいは大きくする、色を付けるといったタグをボタンのクリックで入力できるようになっているからです。
また、ロゴ作成機能だったり、サイトのアイキャッチに利用できる画像集などが付属しており、それらを使うことで見栄えのいいサイトを簡単に作ることができます。

OSに最初からインストールされているソフトでも作れる

OSに元々インストールされているエディタソフトを利用してウェブサイトを作ることもできます。ウェブサイトを作るのに必要なHTMLとCSSは基本的に英数字と記号が入力できれば書くことができ、特殊なソフトを使わないと作れないというわけではないからです。
ただ、一般的なエディタにはオーサリングツールに付いているようなHTMLのエラーを検出する機能や、ブラウザで表示したときにどのように見えるのか確認できる機能はなく、中級者以上向きといえます。

デザイナーが制作したデザインをブラウザーで閲覧できるようにする作業のことをコーディングと呼んでいます

Close